news

お知らせ

そもそも足つぼとは?
2020/06/09
足つぼについて簡単に説明します。

まず、足は「第2の心臓」ともよばれるほど、人間の身体にとって重要な働きがあります。

なぜ「第2の心臓」と呼ばれるかというと、足が血液を送り出すポンプのような役割をしているからです。心臓から足まで運ばれた血液は、その後心臓のほうへ送り出さなければなりませんが、その働きをしているのが足の筋肉なのです。そのため、足の筋肉を鍛えたり、足をマッサージして血流をよくすることは、全身の血液循環をよくすることにつながります。

足つぼとは、足には身体の各器官、部位とつながる反射区(ツボ)が多く分布しており、この反射区を刺激することで、対応する器官の働きを高めていくという健康法です。
また足つぼを行うことで、足に溜まった老廃物を揉みほぐしていくので、血液の循環が良くなります。足の血行が良くなると、身体全体の血液の 流れを円滑にすることができるのです。

足ツボマッサージは「リフレクソロジー」、「足裏反射区療法」とも呼ばれ、 手軽な健康法として世界中の人に利用されています。

足裏の反射区の配置は、人間の内臓や器官の配置に似ていて、足裏はいわば人間の体の縮図のようなもの。足裏をマッサージして反射区を刺激することによって、全身の健康の維持が期待できるといえるでしょう。
そもそも足つぼとは?
そもそも足つぼとは?
ホームページ開設致しました
2020/06/09
日頃より、健康工房あさひをご利用くださり、誠にありがとうございます。この度、当店は新たにホームページを開設することになりました。このホームページを通じて、当店に関する情報を皆様にお伝えしていければと考えております。どうぞ今後とも、健康工房あさひをよろしくお願い致します。
ホームページ開設致しました
ホームページ開設致しました